統一50年アニバーサリー祭り

今朝、家をでると、町がまたもや人であふれて騒然としている。

若干遅刻めで家を出たので、

「やばい、今日なんかあるんだっけ!?」

と局に着いてみると、今日はなにもなかった。

そんで、

「今週の木曜日にお祭りやりまーす」だって。

急きょ決まったみたいだ。

お祭りってのは、政府の公式行事なんだけど、

聞いてみると

「カメルーン統一50周年のアニバーサリー祭り」

だって。

なにそれ。

カメルーンが独立したのは、アフリカの年の1960年だから

計算合わない。

ああ、そういえば、カメルーンって、

「(旧仏領)カメルーン」と、「(旧英領)西カメルーン」が

はじめ連邦制になって、そんで合体したんだっけ。

と思いだした。

んで、今調べてみたら、その合体した年は1972年5月だ。

やっぱ計算が合わない。

よくわかんないなー。

そうこうしていると、政府の発表で

「木曜日は国民の休日になります」だって。

北朝鮮かよ。

そして、木曜日は、また祭りにつきものの

「行進」がおこなわれるのです。

またかよー。もういいだろ。

まあ、こんな風に政府が「祝日」を自由に作ったり

するのは、

「国家が暦を支配する」っていう法則そのものだ。

そんで、国民たちが町を行進したりすることで

国威発揚したり、国が安定していることを皆で喜ぶのだ。

いい、悪い、ってのはないけど、

30年続いている現政権が、国の安定のために一生懸命やってる

おかげで、カメルーンでは紛争もなく

みんなそのことを誇りに思ってる。

(写真=乾季たけなわのカメルーンでは日干しレンガの家の建設ラッシュが続いています。3日で作るって言ってる。)

*初出:2014年2月18日(火)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + ten =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください