コジキに会えば金をやり 会わなければ金をやらない協力隊

町を歩いていると、顔見知りの女こじきとすれ違う。

ガリッとして、まあやせている。だけど顔色は悪くないし、悲壮感もそんなに漂っていない。この人は朝から晩まで、町中をうろうろ歩いているので遭遇率が結構高い。

俺にとっては初期からの顔見知りで、まだ言葉もできないうちから話しかけられて、

「この人何言ってんのか、わかんないすけどー」

って最初のうちよく戸惑ったもんだった。

結局は、「自分は朝から何も食ってなくてー」みたいなことを言ってる、っていうことに気が付いたのはだいぶあとになってからだった。

この日は、ちょうど俺は露店のプランタンチップス(小25F、大50F)をぼりぼりと食いながら歩いていた。「おー」とか手を挙げて挨拶すると、女こじきは俺の手元のチップスの包みをじーっと食い入るように見つめてきた。

腹減ってんのか。

「そんじゃ、これ、やる。」

って言って渡す。

そういう一連の流れを、なんの感情もなく、当たり前のこととしてやるようになっている。別段なんの教訓もないんだけど、最初のころってのは、人に施しをしたりとか、なんの関係もなくお金をあげたりとか、そういうのに抵抗があって、考えたり、理屈をつけてみたりもした。

協力隊はみんなそうだけど、

「安易にお金をあげると、依存心を高めるのでよくない」

ってところから教えられてスタートする。だから「そういうのって、どうなんだろう。」ってのは、仲間内で繰り返して話題になる。

そうして2年間経ったいまの心境としては、

「別になんの感情もない。」

そしてそのことに、結構じぶんでもびっくりしてる。

俺が女こじきにチップスをあげたのは、半分くらい食ったところでちょっと飽きて、もういいか、って思ったからだし、気分のいいときには、路上の物乞いに、お金をあげる。お金をあげると、彼らは喜ぶので気持ちがいいからだ。

子どもにもあげた。

この国ではガキは口を開けば「金くれよー」って言ってくるけど、まあ、挨拶みたいなもんだ。そういうのじゃなくって、俺が金をあげたのは、身なりが明らかに違ってはだしで歩いていた貧しそうなガキだった。もうね。

なんか理屈じゃないんですよ。

いま腹減ってる人に、たまたま通りすがったから、金持ち日本人が金をあげた、っていう、それだけのことで、いつも言ってますが、それが「体感覚」なんだと思う。ほんとに、年を取るごと「体感覚に素直」な方が「回る」

ってことを感じてる。

■■■

きのう散歩していて、腹減って路上メシの200F定食を食った。

これはカメルーンの典型的な労働者メシで、大盛りのコメに、塩ゆであずきを大盛りにぶっかけて、ちょっとサービスでスパゲティが乗る。

炭水化物祭り、でちゃったよ。

典型的な、金のないやつらは、こういうのを食う。ほんとは200F(40円)なんだけど、店のおばちゃんは、ガイジンだと思って300F(60円)って、多めに言ってくる。

「そうじゃねえだろ」って言ったけど、おばちゃんが折れないので、よけいに100F払う。

帰り道に計算してみた。

この大盛りどんぶりメシを地元の人が1日3食食う代金は、600F(120円)であった。120円ってのは1ドルのことだ。

よくコマーシャルだと、

「1日1ドル以下で生活する貧困層がなんちゃら」

って言ってるけど、1日1ドル分の大盛りメシを3度3度食ってる奴らは、にこにこしていてたいへん楽しそうにしてる。

もちろん、そういう人は栄養素が不足して早く死ぬだろうし、病気や事故や、冠婚葬祭や社会生活のアクシデントに弱い。

まあそんだけの話だ。

いま一瞬、落語の貧乏長屋の話を思い出してるけど、まあ、冠婚葬祭に着て行く服がないから隣から借りたりとか、そういう貧乏暮らしはたいがい共同体の力で、なんとかやりくりした。

そういうのはどこでも同じだ。

■■■

今日は話が散らかってすいません。つまんなくまとめ。

  • 貧乏っていっても、だいたいみんな結構やってる。
  • 近所で助け合ったりすると、金に換算できるくらいの価値がある。
  • (それは、社会関係資本と言ったり言わなかったり。)
  • だから、金がいくら、とかいう数値では実は世の中測れない。
  • ホンマにたいへんそうな人に、俺は金を時々あげる。

■■■

死んだコジキは 町全体が見守っていた

■■■

1年8ヶ月 旅のゴールが見えてくる

(写真=カメルーンにあがる最後の満月。この国では本当にたくさん月を見た。次の新月からこの町はラマダーンに入る。)

*初出:2015年6月7日(日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です